電話をかける オンライン予約

釣果速報

2020.07.2113日(月)のPV釣行

いや~昨日は暑かった!!

巻いている途中でなぜかうとうとしてしまう連続でとにかく集中力が・・・

濁りの色も『ん?』なカラー

白濁りの対処法はわかってるんですがこれは明らかに『ヤバイ色』

確実に塩分濃度下がってます

過去にも嫌な思い出がある濁りカラーなので『たぶんあかんやろなぁ~』と思いながらも

ボーズ逃れで必死でジグ&鯛ラバを駆使!笑

イワシの呑ませ釣り、いわゆる掛からしではたぶん大丈夫

ただジグ&鯛ラバキラーな色なので海の色見て愕然><

だんだん明るくなってからでないと判別できないですもんね

相変わらずちびっ子は元気 でもこれ釣ってもまったくモチベーション変わらず
濁りで活性が低い証拠フィッシュ

余りにも釣れないので超難関のピンポイント磯空爆
一瞬でも遅れれば確実に根掛かり死
なんとか引き剥がした40ちょいの真鯛
やっぱりおりましたね
濁っているときの対処方法は『ティンセル』が昔からド定番
いわゆる光物
ジグではリア、フロント共に入れたり、鯛ラバではフィッシュアローのリングフラッシャーちょん掛け、
もしくはフラッシャー玉ちょん掛け
正直、僕的にはフラッシャー玉はなんかいまいち…リングフラッシャーの方が断然イイと思います
(スイミング姿勢も見ていて美しいし安定してる気がします)
あくまで個人的な感想!笑
ただピン狙いの空爆は3流しぐらいでスレてしまうのですぐに沈黙

この人が喰ってきてモチベーション『プッツン』いきました笑

結局4時間ちょいで見切りを入れて早上がり 過去最速かも…
港に帰ってきてボートの金具交換やその他、いじる時間に費やしました

これ間違いなくなにかおかしいと思って帰宅してリーダー巻き替えてたら
戎丸ガイドのなおしゃんから電話

『小屋入口に魚探、置きっぱになってたで!!』とのこと笑
すまんすまん!ボートいじってて意識もうろうになってたのだ笑

それから今日の状況を話すると『ダム放流やってるで』とのこと
うわぁぁぁ、やんな?と

このなおしゃん、どんな釣りでもすぐ理解してしまってそれをアツく語ってくれます
今回は何かな~と思ってたら『掛からしの極意』についてでした笑

まぁ聞いてたら納得の連続、そりゃそうやんな!ってな事だらけ
戎丸船長は60年以上この同じ海で漁師してます
オヤジを手伝ってた息子が言うんだから間違いなしですね~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright(C) Meiyou maru All Rights Reserved.