電話をかける オンライン予約

釣果速報

2019.11.17巨鰤12キロ出ました!

みなさんイイ釣りしてますか?

15日(金)の釣果です

この日は神戸市から丸山、岡居両師範、鯛ラバマスターの松尾さん(他)が乗船、
凄腕PTが集結する中、松尾さんがとんでもないことをやってくれました!

ここまではまずまずの捕獲状況、がしかし!ここから事件発生!

鯛ラバタックル、PE0.8にリーダー3号、自作のオリジナル鯛ラバでなんと!

メーター超え、12キロUPの巨鰤!!!!!!

私も年中、鯛ラバやってますがはい??
リーダー3号で??

しかもドラグ5~6㌔のベイトリール‥‥
もう笑うしかありません!!笑

柔よく剛を制す!とはまさにこのこと、相当なドラッギングテクニック、
卓越されたロッドワークを駆使しなければ120%獲れない魚
私が使用しているPE3号、ドラグ9㌔ぐらいのソルティガでも余裕で出されるレベル‥‥
注目すべきはリーダーの太さもありますが「PE0.8」
鯛ラバやってる方はお分かりだと思いますが0.6と0.8の差は本当に大きい
0.6で少しでもささくれてたりしたら間違いなくプッツンだったでしょうね
タックルバランスも絶妙に調整されていたと思います!!

最初掛けた瞬間、船長やその他のメンバーが「サメ」だと思っていたそう‥‥
しかも船長に至っては
「祭るし早くあげてリーダー切ってくれー!」(お祭りしてるアングラーのPEが痛むため)
と催促したそうです笑
本人も「わかりましたー!」と笑

獲り込みまで余裕で10分を切るタイム、これにも驚かされました・・・汗
このタックルで獲り込みで10分切るって攻めすぎでしょ!!笑
いや~松尾さんご本人は勿論ですが私の記憶に確実に刻まれたメモリアルフィッシュです!
鯛ラバは本来、小技を駆使したテクニカル、センシティブな釣り
こだわるがゆえ、ターゲットの真鯛以外が釣れてもあまり喜ばれるアングラーが少ないように思いますが
これには松尾さん、相当な喜びがあったはず!タックルシステムが間違いでなかったと
自信になったと思います!本当におめでとうございます!!

(自作のチューニング鯛ラバ、今度こっそり見せてください)小声w

(岡居さんのシーバスがかすんでしまってます笑)

メータージャストぐらいでこの重量、まるまるモリモリ、こりゃ12キロありますね‥‥笑

両師範もお株を奪われるフィネスタックルでの巨鰤、こんな夢のある鳴門海峡は今まさに
サプライズシーズンに突入しようとしています

みなさんもぜひ、記憶に残る1匹を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright(C) Meiyou maru All Rights Reserved.