電話をかける オンライン予約

釣果速報

2017.09.30釣れる鯛ラバ?

前回の鯛ラバのお話しの続きを少しだけ・・・

釣れる鯛ラバは存在します!と言いましたが
どんな鯛ラバ?
そもそも釣れる鯛ラバってなに?

それは『ヘッド』が重要とは前回で書きましたがその中でも
市販でどんなものが釣れるの?ってことで少しだけ紹介したいと思います

かれこれもう8年?か10年?前のものになります
すでに廃盤・・・

製造はされていませんw

『なんだよそれー!!』って声が聞こえてきそうですがすみません!

でもここ一番の勝負鯛ラバはいまだにこれと決めているものがあります
しかも来るとサイズがかなりデカい!

これは経験からのお話なので人それぞれあると思いますがわたしは間違いなくこれ

画像小さくてすみません・・・><

シマノの初代炎月『鉛』ヘッド

まだネットでも入手できるみたいですがワゴンセールになっているところもあるみたい・・・
みつけたら絶対買いですよ!

そのリスペクトすべきヘッドは既に8年前に完成されてました
もちろん固定式

このヘッド、いまだに釣れ続いてるわたしのシークレット
秘かにBOXに忍ばせてる人もいるんじゃないですかね・・・w

この初代炎月は魚のサイズを選べると言って過言ではない、
巨鯛の本能に訴える何かが隠されています

鯛ラバ初体験の友達がこれを使って70UPとかね
奇跡を起こしてくれる鯛ラバなのです

ただ固定式なので誘導式に比べてバレ率も少々高いのですがそこはタックル性能でカバー
心配な人はフックなどを自作でチューニングしてもいいかも知れません

わたしが思うにこの鯛ラバ、とにかく『スイミング姿勢』に秘密が隠されてると思います
ある程度水を押しながらI字系に近い微弱なゆらゆらアクション
これが弱ったベイトに見えてるのではないかと思っています

使い方でもっとも大切なのは『とにかく等速巻き』
イレギュラーアクションはほぼ加えません

もちろんフックにトレーラーワームなども一切装着しません
更にパワーアップさせようと色々イジリましたがそれはオリジナルの性能を壊してしまうだけで
結局原型が一番いいことに気付きました

わたしはストックで20個ほど所持してますが使う重さは60g、70gです
カラーは絶対的に『無塗装』の鉛そのままの色
着色されたのもいいのですがなぜか無塗装が爆発的に釣れることがあります

わたしが所持しているのも全部無塗装

正直固定式で鉛ヘッドでこれに勝てる鯛ラバは存在していないのでは?
と思うぐらい溺愛しています

もし入手できたら一日巻いてみてください
ミラクル起こるかも!

次回はTGヘッドについてご紹介したいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright(C) Meiyou maru All Rights Reserved.